【テレアポ激むず】「普通の人」がアポが取れないのはなぜ?

アポが取れない男性HSPの仕事/転職

こんばんは、ブルです。

私はテレアポの仕事を過去3年ほど経験したことがあり、アポ業務に加えアポインターの管理業務も行っていました。

今回は、のべ50人ほどのアポインターを身近で見てきた中で、アポが取れない人の特徴や傾向が分かったのでまとめてみました。

アポが取れる人の特徴については、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

普通の人はアポが取れにくい

普通の人って何よ?と思われるかもしれませんが、そのままです。

トークスキルも普通、トーク内容も普通、つまり特徴がないということです。

アポの取れない人がアポを取れる人のことを、「あの人は別格だから」「あの人は宇宙人だから」と裏で言っているのを耳にすることがあります。

まさにそこなんです。
アポが取れる人を「宇宙人」などと形容しているということは、自分は普通だからアポが取れないと言っているようなものです。

仮に自分が営業電話の受け手になった時、普通の人が普通のトークで話しかけてきても、「あ、営業電話か」といって早々に切ってしまうのではないでしょうか。

逆に、普通の人よりも低い声でぼそぼそとしゃべる人のほうが、受け手からすると「なんなんだこの人は、いつもと違うぞ」と話を聞いてもらい、アポが取れたりするのです。

声が普通の人

テレアポ業務は実際に人と会って話す営業とは違い、受話器ごしに「声」を届けることしかできません。

勝負できる要素が「声」しかない上に、電話をかけて10秒で切られることも珍しくありません。

そういった過酷な状況下で、普通の声で話しても大抵の場合すぐに断られるでしょう。

でも考えてみてください。

突然かかってきた営業電話の相手が、甲高い特徴のある声のジャパネットたかた元社長の高田さんだったとしたら、とりあえず最後まで話を聞いてみようという気になるのではないでしょうか。

営業用に作った声

コテコテのアポインター声ってなんとなくわかりますでしょうか。

コールセンターなどでよく耳にする声。ちょっと声が上ずった感じで、地声を捨てて話している人たちのことです。

これを良かれと思ってやっている人が多いのですが、この「The アポ電声」の人口が多いせいで、営業電話とはこういうものだというベースが作り上げられ、受け手からすると瞬時に営業電話と認知され、もはや断る対象でしかなくなるのです。

さきほど「普通の声」の人がアポが取れないとお話ししたように、逆に作っていない地声で話している人のほうがアポがたくさん取れていたのを覚えています。

スポンサーリンク

会話のテンポが一定の人

電話という声しか入ってこない状況で同じテンポで話をされると、機械がしゃべっているかのように思えて、内容が頭に入ってきにくいです。

ましてやトークマニュアルを読み上げているような人であればなおのことです。

断られたらすぐに電話を切る人

電話の受け手からすると、「営業電話=断ったらすぐに相手が引き下がる」と思っている人が多いです。

そのため、断り文句を真に受けて毎回こちらから電話を切っていては、いつまでたってもアポは取れません。

アポ電は断られるのが当たり前です。相手の一回目の断りはただの挨拶とみなしましょう。

あまりしつこくしてクレームになってはいけませんので、断り文句がきたら何事もなかったかのように一回だけアウトを返すことをおすすめします。

アウト返しの内容についてはこちらの記事をご覧ください。

トークマニュアルに従いすぎる人

万人向けに作られているトークマニュアルは、読み手を機械的にさせます。

マニュアルを読んで電話しているな、というのが受け手からするとばればれです。

トークマニュアルに神経がいきすぎているせいで、臨機応変な対応や、予想だにしていないアウトが返ってきた時に混乱してしまい、アポ取得機会の損失につながるのです。

理想はトークマニュアル通りに話すのではなく、要点だけおさえた上で自分のトークに変換すべきです。

まとめ

テレアポは電話で話すだけだから楽だろうと思って入った結果、実は「声」だけしか使える武器がない上級者向けの仕事であることを後で気づき、成果をあげられないまま辞めていくという人が多い職種だと私は思っています。

アポを取るコツは、いかに相手に営業電話と思わせないか、というものです。

電話件数は誰にも負けないのにアポが取れないと悩んでいる人は、まずはトークマニュアルを見ずに地声で話してみられることをおすすめします。

前より長く話せるようになったな、相手の反応が変わってきたなと実感できるようになれば、アポがコンスタントに取れるようになるのもそう遠くはないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました