ブログ100日連続更新達成!計200記事超えのアクセス数と収益を公開

山頂から見渡す男性 副業ブログ

こんにちは、ブルです。

何をやっても三日坊主で継続のできない私が、なんとブログの新記事アップを100日連続で成し遂げることができたんです。
仕事の日も、休日も、正月だろうと関係なく毎日の積み上げを続けることができました。

1記事あたりの平均文字数は3,000文字超えのため、この100記事で文字数は30万文字を超えています。
文庫本1冊が約10万文字と言われていますから、この100日間で本3冊書いたのと同程度といえるでしょう。

そして記事の合計数は200記事を超えました。(現時点で212記事公開)
今回は、自身の振り返りも兼ねて収益やアクセス数を包み隠さず公開していきたいと思います。

まさかの展開が待ち受けていますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

200記事超えのブログ収益・アクセス数は?

デスクの上に置かれたメモ
本ブログサイト開設2019年6月~
ブログ毎日更新スタート2020年11月15日当時の記事数約100記事
本記事執筆日2021年3月1日計200記事

約100記事だった時点のデータと、倍の200記事になった後のデータを比較していきます。
毎日ブログ更新を始める前の、アクセス数がピークだった2020年9月分から半年間の数字を見ていきましょう。

アクセス数

2020/911,913
2020/105,600
2020/116,138
2020/124,328
2021/13,768
2021/24,297
PV数

はい!いかがでしょうか。
ちなみに2020年9月時点の記事数は約100記事。

その後11月半ばから記事数は毎日増えているのにも関わらずまさかの右肩下がり。
毎日更新した後よりも100記事だったころのほうがアクセス数が3倍以上もあったという事実。

この記事を書きながら泣きたくなってきました。

Googleアドセンス収益

2020/91,902
2020/101,433
2020/111,536
2020/12986
2021/1603
2021/2250
Googleアドセンス推定収益額(円)

Googleアドセンスはアクセス数に比例して収益も目に見えて減っているのがわかります。

アドセンス広告に関してはアフィリエイトで提携広告主が増えてきたため、2021年に入ってから自動広告をオフにしたり、表示広告数を減らしている関係もあるのかもしれません。

アフィリエイト収益

2020/90
2020/10600
2020/111,300
2020/1210,551
2021/114,108
2021/2130
アフィリエイト収益(円)


一方アフィリエイトに関しては、毎日更新を始めてから収益が伸びるようになりました。

アフィリエイト広告のクリック数

2020/9183
2020/10195
2020/11313
2020/12493
2021/1668
2021/2839
アフィリエイト広告クリック数

上記はASP1社のクリック数を取り上げてみました。
記事数が増えるにつれ提携広告主が増え、アフィリエイト広告の貼り付けが増えた結果、クリック数は順調に右肩上がりになってきているのがわかります。

あとはここからCVR(コンバージョン率で成約率のこと)をいかにあげていくかが重要となってきます。

ちなみに登録ASPも9月時点では1社しかなかったのに対して、今では5社登録しており、日々提携広告主も増えてきています。

記事数は倍以上に増えたのにアクセス数が落ちたと考えられる要因

下向きの矢印

がんばったらがんばっただけ報われると思っていたブログで、まさかの結果となってしまいました。

収益が云々の話ではなく、一番問題なのはアクセス数です。
ではアクセスがこんなにまで落ち込んだのはなぜか。

それは、キーワードが重複している記事が増えたことと、質の低い記事があることによってサイト全体の評価が落ち、検索順位に影響したという線が濃厚でしょう。

いつか誰かが「ブログを書くなら特化型ブログがおすすめ!なぜならトレンドブログのような一過性でアクセスを集めるブログと違い資産になるから」と言っていました。

しかし、特化型ブログも記事作成の仕方、量産の仕方を間違えるとキーワードの重複が起こり、結果としてマイナス評価を受けてしまうということが今回のデータからわかりました。

アクセス数回復のための改善策

私が考えた改善策は以下です。

  • 重複キーワードがある似たような記事の統合
  • 質の低い記事のリライトもしくは削除

書いた記事を振り返ってみると、これとこれは統合できるなという記事が見つかりました。
まずはここを統合していくところから始めようと思います。

次に質の低い記事のリライトです。
質が低いかどうかの判断基準は単純にアクセス数です。

まず、記事を公開して半年以上経っていても一週間のアクセスが0なんて記事は削除の対象になります。

リライト対象にするのは、たまにアクセスはあるけど伸び悩んでいる記事です。
タイトルや見出しにある程度需要のあるキーワードが含まれているか確認するところから始めます。

記事が多ければいいというものではない

1日1記事更新をしていたらいつか報われる、そんな気持ちで作業した結果がこれです。

例えばネットで調べ物をした時、たどり着いたサイトで答えを見つかったとします。
そこから更に別の記事まで見ることがあるでしょうか?
関連記事のリンクが貼られていたら見ることもあるかもしれませんが、見てもせいぜい2、3記事です。
もっというと、そのサイトが全部で何記事あるかなど考えたり調べたりすることなどありますか?
ないですよね。

つまり、私が100記事連続更新しただの全部で200記事超えて喜んでいるのはただの自己満足にしかすぎないということです。

実質が伴っていないのに記事が増えたところでブログの世界ではむしろマイナスになる可能性もあるということを忘れないようにしたいものです。

もちろん正しい知識の元、日々最良の記事をアップできるに越したことはありません。

毎日記事をアップしなければならないという強迫観念に基づいて無理やりできた記事よりも、2日に1記事、一週間に1記事でもいいので質の高い記事を書き上げられる方が結果としてブログの評価につながるということがわかりました。

まとめ

がんばって200記事以上に育てたブログが、まさかのアクセス数大幅減少となり大変苦しい思いをすることになりました。

しかし100日連続で1記事ずつアップできたことは、自分が継続できる人間に成長し自信を手に入れることができたため、決して無駄だったとは思っていません。

時間をかけた分ブログの知識も増えましたし、むしろ課題が浮き彫りになって更なる次のステップに進むことができたと前向きに捉えています。

次のステップは、キーワードの徹底管理ですね。

ここが踏ん張りどころ。ここでやめてしまったら成功の道はありません。
停滞期をものとも思わず、常にブログをブラッシュアップすることを考え、注力していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました