好き嫌いの激しい我が家の猫が飽きずに食べるごはん(餌)を紹介!

爪とぎの上でくつろぐ猫 コラム

こんばんは、ブルです。

猫は自由気ままでちょっとおバカちゃんなところもあって、見ていて飽きませんよね。
自由気ままなだけならまだしも、ご飯も選り好みする我が家の猫ちゃんには困ったものです。

マンチカン猫のタビちゃん
我が家に来たばかりのタビちゃん(マンチカン)

上の写真は我が家にやってきたばかりの時のものなのですが、この頃はまだ小さくてスリムでした。
生後7ヶ月ぐらいでしたが、ものすごく気の小さい猫でご飯もなかなか食べてくれず心配したのを覚えています。

いろんなご飯を買ってあげてみましたが、お口に合うものがなかったようで毎日エサを残す日々。

そして現在の写真がこちら。

太った猫のタビちゃん(マンチカン)
大きくなったタビちゃん(3歳)

どどん!!
猫型のティッシュボックスではありません。(背中の白いところがティッシュみたいでしょう?)
猫本体です。体重5.5kgの短足じゃないマンチカンです。

よくもまあここまで大きく成長してくれたものです。

ちょっと肥満かなと思ったのですが、この前ワクチン接種に動物病院に連れていったところ、お腹周りを測られてギリギリセーフと言われましたw

ここまですくすく育ったのも、猫ちゃんが大好きなご飯に出会えたからでもあります。

スポンサーリンク

猫ちゃんが飽きずにがっついて食べてくれるキャットフードとは

最初はコストを少しでも安くしたいと思い、7kgぐらい入った大袋を安売りの時に買っていましたが食べてくれません。

カリカリが嫌なのかと思い水でふやかしても食べませんし、チュールをカリカリにかけてあげるとチュールだけ舐める始末。

このチュールには異常なまでの食いつきを見せるのですが、チュールはあくまでおやつ。
ご飯代わりにチュールをあげるとカロリーの摂りすぎで太るため、カリカリのキャットフードでちゃんと食べてくれるものはないかと探しました。

Sheba DUO(シーバデュオ)が大好きな我が家の猫

シーバデュオを買いだめ

シーバデュオをご存知ですか?
薬局とかスーパーとか至る所で目にするので多分相当人気なのでしょう。

シーバデュオのいいところ
  • カリカリと思いきや中にクリーム層がある
  • いろんな味が入っているため猫が飽きない
  • 個包装のため量を計算しやすい
  • 新味もたびたび登場するため更に飽きない
  • 毛玉排出サポート用や老猫用の商品もある
シーバデュオは個包装で使いやすい
一袋20gの個包装になっている

4種の味にわかれているのですが、その4種も二つの味で構成されているのが大きな特徴です。

シーバデュオ味の組み合わせ
  • 旨みがつおと味わい鶏ささみ
  • 味わい鶏ささみとクリーミーチーズ
  • 香りのまぐろとたい味
  • 白身魚とひらめ味

味のレパートリーを見ると人間よりいいもの食べてる…って思ってしまうほど素材にこだわりが感じられます。

個包装ですから、猫が食べたいときに袋を開けてサッとあげれるので、猫はいつでも新鮮なご飯を食べることができます。
袋が高級感があるところも気に入ってます。カラフルでオシャレなところもいいですね。

シーバデュオをお皿にあける
 うーん、おいしそう!(猫目線)

上の写真は1袋(20g)開けた時の写真。ちゃんと2種の味が楽しめるようになっているのがわかりますね。

我が家の猫はお腹が空いたらお皿のところまで誘導してご飯をせがんでくるのでわかりやすいです。
そのため、普段は半袋ずつあげるようにしています。(その方が食いつきもいい)

シーバデュオにがっつく猫
至福の時

ご飯はシーバデュオだけで大丈夫?栄養確保できる?

外はカリカリ、中はとろっとクリームと聞くと、どこかしらおやつ感覚なイメージを持たれる方もいるかもしれません。

しかし、その心配は必要ありません。
このパッケージをご覧ください。

総合栄養食の基準を満たしており、シーバデュオと水だけで毎日の食事として安心して与えることができるとのお墨つきでした。

もう丸3年ほどこちらのシーバデュオにお世話になっていますが、今のところ病気にかかったり調子が悪そうといったこともありません。

シーバデュオは高い?コスパやいかに!?

気になるのは値段ですよね。
個包装、味の豊富さ、中はとろっと製法なので高そうとイメージする方もいるかもしれません。

私は楽天スーパーセールの時なんかに通販でまとめ買いしているのですが、その場合の1箱あたりの金額が約340円です。

そして5.5kgの我が家の猫ちゃんが食べる量は1日3袋。
つまり4日で1箱なくなる計算です。

シーバデュオ1ヶ月あたりの猫のご飯代
  • 2,550円(7.5箱×340円)※1gあたり約0.7円

一方私が昔あげていたお徳用の大袋のものだと1gあたりの値段が0.28円だったため、その時と比べると餌代が2.5倍もかかっていることになります。

ですから単純にコストだけで見るとシーバデュオは高価な部類に入るでしょう。


猫の健康を第一に考える

丸い爪とぎに入る猫

シーバデュオは我が家の猫ちゃんにとっては大好物でしたが、みんながそうとは限りません。

愛する猫ちゃん。20歳は生きて欲しいと思っているので、少々高いかもしれませんが私はシーパデュオをあげるようにしています。

11歳以上のシニア用シーバデュオもあるため、年齢や体調にあわせて同じタイプの餌を食べさせてあげられるのは助かりますね。


爪とぎの上でくつろぐ猫

人間も100年時代なら猫も20年時代。
これからも長く一緒にいられますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました