クラウドソーシングのライター業務がおすすめできない理由

副業

こんにちは、ブルです。

私はこのブログの運営に加え、クラウドソーシングサイトからライターの仕事を受注することがあります。

しかし、中には悪質ともとれる依頼も存在したため、クラウドソーシングにおけるライター業務をおすすめできない理由について、私の実際の例から考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

高単価案件は要注意

案件によって、「1記事5,000円」とか、「月20万円可能」などと高額報酬をうたっている依頼者がいます。

ライター業務は文字単価0.1円など薄利なケースが多く、文字単価が高い高額報酬な案件に目がいきがちなのもしようがないことです。

依頼内容のところに、「大手クライアントと契約しています。ライターさんに支払う用のお金(いわゆる人件費)として500万円を用意しています」などと、資金が潤沢にあってうちは安心ですよとアピールしている会社なども存在します。

契約内容に矛盾があるような依頼者もいるため、契約内容はしっかり確認しておくことが必要です。

お試し1記事の単価が低い案件に注意

長期案件などに多いですが、「専属ライター募集」などと長くつきあえることをアピールしている会社があります。

そういうところはまず契約を結ぶ前に、お試し記事を書かせるところが多いです。

契約内容に1記事報酬1,800円と書いてあっても、最初のお試し記事でもらえる金額が低い案件は請け負わないほうがいいです。

私はこれで痛い目をみました。

お試し記事を3,000文字以上で依頼者のルールに忠実に書き上げたにも関わらず、採用してもらえなかったのです。

お試し1記事の単価はわずか300円。

そこから更にクラウドソーシングサイトの手数料が引かれ、手元に残ったのは250円程度でした。

私が憤りを覚えたのは、その記事が普通に業者のサイトに掲載されていたことです。

ただ、この業者はきちんと金額についても300円と明示していましたし、内容によっては記事だけ買い取って採用は見送るという旨の記載もあったのです。

「長く付き合えるライター募集」という文言を魅力的に感じ受注した私が間違いでした。

しかも内容がまとめサイトで1記事仕上げるのに3時間かかりましたから、時給換算すると100円です。

結果として、300円で3000文字以上の記事を取られた感覚しか残りませんでした。

もしかしたらこちらの業者、実際は長期の専属契約ライターなど一人もおらず、300円で3000文字の記事をずっと初見のライターさんに書かせ続けている可能性だってあるのです。

お試し記事を低単価で依頼してくる業者と、お試しでまとめサイトなど高レベルな記事を要求してくる依頼者はスルーしたほうがいいでしょう。

高額報酬までの遠い道のり

さきほど紹介した私が担当した案件は、「月額20万円」をうたっていましたが、よくよく契約内容を見るとその道のりは遠いものであることがわかりました。

  • お試し1記事300円
  • お試し合格⇒30記事が試用期間(1記事1800円)
  • その後、記事のクオリティに応じて報酬単価アップ

試用期間が存在するのはしようがないのですが、注意していただきたいのはその後の「クオリティに応じて報酬単価アップ」という部分です。

ここを濁されていると、いったい何記事書けば月額20万円に到達できるのかがわかりません。

もしライター業務を受注するのであれば、特にこの報酬の部分に関してアバウトな表現を用いず、明確に数字が書いてある依頼だけを受けるようにしましょう。

「月額いくら」という書き方をしているのであれば、必要記事数がいくつなのか明示している案件を選びましょう。

「月額いくら」という案件よりも、「1記事いくら」という書き方がされている依頼のほうがわかりやすくいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

報酬と労力が見合わない

さきほどの私のお試し記事案件、3000文字以上で300円の報酬は極端な例かもしれません。

しかしそれが試用期間の1記事報酬1800円だったらどうだったでしょう。

記事を書くのに約3時間かかったわけですから、時給600円です。

システム利用手数料

そして忘れてはいけないのがクラウドソーシングサイトを利用した際の手数料です。

国内大手2社の手数料についてみてみましょう。

  • クラウドワークス・・・報酬額の20%(10万円以下)
  • ランサーズ・・・報酬額の20%(10万円以下)

どちらも同じ手数料でしたね。

ではさきほどの1記事1800円から20%引くと、手取りは1440円です。

3時間で時給換算すると、わずか480円。

記事を書くのに慣れたらもっと早く書けるようになるから効率よく稼げるだろうという考えは抱かないほうがいいです。

なぜなら、タイトル(お題)は毎回変わるため、下調べに時間がかかるからです。

それを踏まえると、自身でサイトやブログを立ち上げて、自分の得意分野で記事を書き溜めていったほうが、中長期的に見て収益につながると思っています。

クラウドソーシングはスキルアップの踏み台におすすめ

ライター初心者の方であれば、自分のスキルアップのために受注されることをおすすめします。

というのは、指定されるルールに従って記事を書く=読者目線の記事、もしくはSEOに強い記事として評価される可能性が高いため、基礎を身に着けることができます。

業者によっては検収(記事提出後の確認)段階で修正箇所を教えてくれたりもします。

そうやって自分でも立派な記事が書けるようになった段階で、自分のサイトやブログを立ち上げるのも一つの手でしょう。

また、複数の業者の業務を請け負うことで、将来自分が記事依頼を発注する側としてどのようにすればいいかのノウハウも身に着けることができるでしょう。

割に合わない仕事をしているという気持ちはぐっとこらえ、経験を重ねたあとは自分でブログをされることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました