【痛い?】背中にできた粉瘤の日帰り手術から保険共済金の振込まで

HSSの気まぐれコラム

こんばんは、ブルです。

私の背中には恐らく10代の頃からあったであろう脂肪の塊のようなものがありました。

今回はこの15年以上は付き合ってきたであろうデキモノを手術で取った話になります。
※術前、術後の写真も載せるため、痛々しいのを見るのが苦手な方はご覧になられないようにお願いします。

スポンサーリンク

ニキビではない背中にできた脂肪の塊

私の背中の左側、肩の下10cmあたりに、直径2cm程度の膨らみがあったんですね。

10代後半くらいからあって、触っても別に痛くありません。

なので背中ニキビとはまた違うんです。

赤みがかっているとかそういうのはないんですが、蚊に刺されたぐらいの膨れ具合ではなく、けっこうぽっこり膨れているので異物感があるわけです。

20歳くらいの頃はたまに針をライターで炙って、その脂肪の塊のようなものにぷすっと刺して中の膿みを出していたんです。

針で小さい穴を開けて指で塊を押し出すようにすると、穴からピュッと膿が飛び出します。

この膿がものすごく臭い!

ちょっと汚い話になって申し訳ないんですが、形容すると足の爪垢を凝縮したような臭いです。

この膿を針穴から押し出すことで少し腫れが引くんですね。

しかし、多少異物感がなくなったと思って安心していると、また気づいたら元の膨らみぐらいに戻ってるんですよ。

で、また針を刺して膿を出すの繰り返し。

これではらちがあかないと半ばあきらめ、10年近くも放置していたのでした。

背中のデキモノに針はNG

それは夏の暑い日でした。

Tシャツ一枚で過ごしていると、妻から「背中のデキモノ目立つねー」と。

鏡で背中を見てみると、確かに一部だけ盛り上がっているのがTシャツの上からでも目立つんです。

人から言われると気になってしょうがなくなる性格の私。

もう10年近くはやっていなかったであろう針の穴開けをまたやったんですね。

そうすると、なぜか膿が出ないんですね。

「あれ?昔は出たのにな、針の刺し様が甘かったかな?まあいいか」

とそのままにしてたんですが、後日背中が痛くなってきたんです。

見ると赤みがかっていていかにも膿んでいるようになっていました。

その時の写真がこちら(通常時の写真がなくてすみません。)

背中にできたしこり(約直径2cm)
直径2cm程度のできもの

針で開けた穴から雑菌が入ったのが原因でしょう。

背中にあるできもののせいで、寝る時に寝返りを打つのも辛い状態に。

針をライターで炙って穴を開けたとしても、穴が塞がる前にばい菌が入ればそりゃあそうなりますよね。

【診察結果】病名・手術名は?

痛みがひどいので慌てて医療機関を検索すると、恐らく自分の背中にあるものが脂肪腫、または粉瘤なんじゃないかということがわかりました。

そこで早速新宿にある病院を予約して向かうことに。

受付を済ませ待つこと3分、診察室に呼ばれます。

診察は5分程度で、結果私の背中にあるものは粉瘤(ふんりゅう)であることがありました。

しかも、先日私が針を刺したことが原因で膿の入った袋が飛び散って範囲が広がっているとのこと。

本来だと5cmくらい切開して膿を出さないといけないようなんですが、こちらの病院だと丸い小さな穴を開けるくり抜き法ができると言われました。

これにより傷口を小さくすることができ、術後も目立たなくなるということです。

まあ男だし背中だし、この異物感とおさらばできるならいいかなと思い手術を承諾しました。

この粉瘤治療、日帰り手術をやっていて、このまますぐ施術をしてもらえることになりました。

受付に戻って手術の同意書へサイン。

手術名は後ほどもらった明細に「皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部外)(直径3cm以上6cm未満)」と書いてありました。

そして施術部屋の前で待機し、5分後部屋の中へ。

部屋に入ると上着を脱ぎ、診察台にうつ伏せになるよういわれます。

簡単に粉瘤手術の説明を受け、局所麻酔に入ります。

局部麻酔は痛い?

注射なんて全く怖くないのでたいしたことないだろうと思っていたのですが、医者から痛みを紛らわせるためにバイブレーターのような機器を身体に押しあてて振動を与えながら麻酔していきますねとのこと。

おお、このブルブルはすごい!

この振動に乗じて麻酔を打たれるのですが、まあこれがなかなかに痛い

通常の注射なら一瞬で終わる思うんですが、局所麻酔は回数が多いのと一回一回の痛みの時間が長いんですよね。

私はトータル7回くらい麻酔を打たれたように記憶しています。

確かにバイブレータなしでは苦痛だったかもしれません。

くり抜き法は痛い?

切開するよりくり抜き法のほうが施術範囲が狭いとはいえ、患部をくり抜かれるなんて怖いと思うわけです。

だって、くり抜くってことは穴が空くってことですよ?

そんなの痛いにきまってるじゃないですか。

戦々恐々としていると、なにやらカンカンと金属同士が触れ合うような音とともに振動が伝わってきます。

イメージは金づちで釘を優しく打つ時のような音です。

弧を描くようにしてコンコンされているのが感覚的にわかります。

そしてものすごく痛い!

痛い!と医者に伝えると、どうやら麻酔が足りてなかったようで追加で麻酔注射を打ってもらいます。

その後すぐ麻酔も効いてきて痛みはほとんど無くなります。

ただ「ああ、今くり抜かれてるんだ」という感覚はわかりましたね。

くり抜かれること3分くらいでしょうか、終わったようで傷口の縫合が行われます。

縫合に関しても全く痛くありません。

そして膿が全部出ていないことがあるらしく、それを出し切るために傷口を完全には縫合しないとのこと。

傷口が自然に塞がるのと同時進行で残った膿も出していくとのこでした。

その後ガーゼやテーピングを何重にもガチガチに貼られて終了、受付に戻ります。

気になる粉瘤手術の費用は?

私の場合、15000円(保険適用)くらいでした。

どうやら施術箇所の範囲で違うようです。

明細には3cm以上6cm未満と記載があったので、この範囲で金額が変わってくるのでしょう。

余談ですが、クレジットカードで支払おうとしてたんですが、現金のみということで慌てて近所のATMに駆け込む事態に。

術後の注意点

術後に受けた説明は以下です。


・手術当日はシャワーNG

・手術翌日ガーゼを取って石鹸(ボディーソープでも可)でぬるめのシャワーで傷口を洗い流す・シャワー後は軟膏を塗ってガーゼを貼る

・一週間は運動と湯船NG(血流がよくなる行動がダメ)

・ガーゼ、伸縮テープ、大きめの絆創膏は自分で用意・抗生物質の薬を毎食後必ず飲むこと

・飲酒については少なくとも3日、できれば1週間程度は避ける

・術後2時間は辛い物を食べない

・2週間後に抜糸をするため来院が必要

その後、薬局では軟膏、抗生物質の薬、痛み止めのロキソニンが処方されました。

薬代はわずか900円と安し!

ですからかかった金額はトータルで16000円くらいですかね。(交通費省く)

病院に着いてから終わるまでの所要時間

朝の10時40分くらいに病院着いたのですが、受付に発行された医療の明細には11時20分とありました。

つまり、手術も含めて病院に滞在した時間はわずか40分。

そのあと近所の薬局で薬をもらい、終わったのが12時前くらい。

つまり、トータルで1時間20分ほどしかかかっていないことになります。

日帰り手術と呼ぶのも大仰かもしれません。

実際は待ち時間がほとんどで、施術に至っては10分くらいかなといったところです。

スポンサーリンク

術後の痛みはある?

背中がくり抜かれてるんですから麻酔が切れたらどうなるんだろうとドキドキしていると、やはり術後4時間くらい経ってじわじわと痛みがやってきました。

そこは薬局処方の鎮痛剤で全然乗り切れる痛みでした。

家に帰って早速背中見てみましたが、こんな感じです。

テーピングされた手術後の背中

はい、テーピングで何も見えませんね。

手術当日は風呂に入れないのでこのまま我慢して寝ることに。

というか風呂とか怖すぎる。

夜寝る時には特に痛み止めも必要なく、術前の腫れていた時より痛みもなく眠りにつけました。

鎮痛剤様様ですね。

やはり一番怖いのは初めてガーゼを剥がす瞬間です。

テープの枚数がすごくて剥がすのも一苦労です。

ガーゼを剥がすとそこには!

※閲覧注意

粉瘤手術翌日の幹部
粉瘤手術翌日

はい、傷口というより穴がぽっかりと空いていました。

どこを縫合したんだ?という感じですが、穴の下側からちゃんと糸が出ているのが見えます。

この糸が異物感があって見た目嫌でしたがけっきょく上からガーゼを貼るのでそこまで気になりません。

術後の風呂が怖い

術後のテープをはがすのを手伝ってくれた妻も傷口を見てへなへなしてしまいましたし、私も痛々しくて直視できずフラフラしてきたので、ささっとシャワーに入ります。

シャワーを浴びることを考えるとゾッとしていたんですが、実際そこまで痛みはありませんでした。

なんか幹部の空洞にシャワーの圧が加わってるなーというのがわかってて気持ち悪かったですが。

シャワー後の軟膏は、家具を組み立てる時に穴にボンドを流し込むかのごとく、綿棒を使って空洞の中に埋めます。

ガーゼは二枚重ねてテープを厳重に貼ってもらいます。

これ私の場合妻がやってくれたからよかったんですが、背中の場合一人暮らしの人は大変だと思います。

その場合は事前に医者に相談したほうがいいですね。

そして2日目のシャワー。

ここにきてシャワーを浴びた瞬間激痛が。

静電気に触れた時のような瞬間的な痛みです。

まずい、何かの拍子で傷口開いたかなと思ってたんですが、微妙に患部とはずれた箇所が痛いことに気づきます。

よく見るとそれはテープを剥がしたあと、皮膚が剥がれたようになっているところがあったのです。

テープが強力すぎて勢いで剥がした部分が荒れてしまったようです。

施術した箇所よりもテープで荒れた部分のほうがはるかに痛かったのでテープ剥がす時は注意しましょう。

そして手術4日後の写真がこちら

粉瘤手術4日後の幹部
粉瘤手術4日後

はい、なんとなく前回の空洞が小さくなっているような気がします。

痛みもありません。

痛み止め飲んだのは手術当日のみでそれ以降は一回も飲まずにすんでいます。

粉瘤手術後10日目の幹部
粉瘤手術後10日目

術後10日経つと穴が塞がっているのが確認できます。

抜糸は痛い?費用は?

術後2週間後、抜糸に伺うことに。

診察室入って患部を診てもらい、ピンセットのような器具で系を抜かれます。

わずか3秒で抜糸完了

麻酔もなく痛みもまったくありません。

軟膏もいらないし風呂も浸かっていいとのこと。

ただ傷口触るのはよくないとのことで、テープを1〜3ヶ月の期間貼るように言われました。

そして抜糸の料金わずか380円。

そしてこちらが抜糸後の写真

粉瘤手術抜糸後の幹部
手術後約半月後

ほぼほぼ傷が塞がっていますね。

医者がいうには数ヶ月から一年、数年かけてだんだん傷は目立たなくなってくるとのこと。

手術前の出っ張りはなくなり、ほぼフラットになりました

一応幹部の触りすぎを防ぐため、テープを貼って3日置きに変えるよう案内されました。

テープについてはドラッグストアかアマゾンで買ってねとのことでドラッグストアで購入しました。

粉瘤手術は保険・共済の保障を受けられるか

病気やけがをした時の保険に入られている方も多いと思います。

私の場合共済に入っていたので、電話で聞いてみると出る可能性が高いとのこと。

2、3日で保険会社から診断書が郵送で届いたため、そちらを病院へ郵送します。

※事前に病院側へ診断書発行費用5,000円くらいの振り込み(WEB上でのクレジットカード決済でも可)が必要でした。

病院から返送されてきた診断書を今度は保険会社へ送る流れとなります。

私の場合、約3週間で診断書が病院から返送されてきました。

すぐに保険会社に郵送し、保険金が振り込まれるのを待ちます。

それから約7営業日後、口座を確認してみると振り込みがされていました!

その額なんと、7万円!

手術代が約15,000円に対して7万円ですから、プラス55,000円になったのです。

保険の恩恵を初めて感じた瞬間でした。

保険に入っているのであれば粉瘤手術が保障の適用となるか事前に確認しましょう。

入っているプランによっては私のように上振れて戻ってくるかもしれません。

まとめ

背中のしこりやデキモノは自分でどうにかするのではなく、まずは病院で診てもらいましょう。

粉瘤であれば自分でどうこうするのはやめましょう。

手術の方法で跡に残る傷も変わってくるでしょうから、病院選びは慎重に行いましょう。

また、背中以外に顔まわりや首、腹部などに粉瘤ができることもあるそうです。

今まで異物感が気になっていたのが術後半月もすれば触った感じフラットになっていて違和感もなくなりやってよかったなと思っています。
※背中のしこりが必ず粉瘤とは限りませんので医師の診察を受けるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました