外壁塗装の営業・勧誘に注意!悪徳リフォーム会社の実態に迫る

外壁塗装 コラム

こんばんは、ブルです。

私、昔リフォーム会社で外壁塗装の営業をやっていたことがあるんですね。
営業とはいっても、ホームページからのお問い合わせに対してお客様のところに訪問して見積もりを取るという待ちのスタイルでした。

ところで外壁塗装はというと、昔は10年に1度壁は塗り替えないといけないというのが口癖のように言われていました。
しかし、10年というのはあくまでも目安にすぎません。
塗料の種類や塗装の仕方で随分と耐候年数が変わってくるのです。

ですから新築時や前回の塗装時に塗料の樹脂に何が使われていたか、しっかりと用法を守って塗られたかによって次回いつ頃塗り替えればいいかということがわかるのです。

よくわからないということであれば、木造住宅のモルタル壁にひび割れがあったり、サイディングの継ぎ目(シーリング)にひびが入ったいないかをチェックするといいでしょう。

しかしいざ塗装を頼もうと思った時に、どこに頼めばいいかわからないという人もいらっしゃいますよね。
塗装は業者選びを間違えるととんでもないことになりますので、慎重にならなければなりません。

今回は、外壁塗装営業をしていた私が目撃した悪徳リフォーム会社の手口を例に挙げ、失敗しない業者選びをしていただければと思っています。

スポンサーリンク

外壁塗装の高額な見積金額に驚愕!悪徳リフォーム会社のやり口

見積もりを眺めて首をかしげるおじさん

外壁塗装の営業で呼ばれていくと、そこには2種類のお客さんが存在します。

  • 相場を知るために見積もりを依頼してきたお客さん
  • 既に数社見積もりを取っているお客さん

相場を知るために見積もりを依頼してきたお客さん、つまり見積もりを取るのが初めてのお客さんというのは正直契約につながりにくいお客さんでした。

なぜならお客さんは1社見積もりを取っただけではそれが適正な相場価格かということがわからないからです。
そのため契約がなかなか決まらず、けっきょく後に見積もりを取った別の会社などで決まってしまうケースが多かったですね。

一方、既に数社見積もりを取っているお客さんは自分にとってチャンスでした。
そういったお客さんは外壁塗装の知識もある程度入っていましたし、だいたいの相場も把握されている方なので話も早かったのです。

後出しじゃんけんが絶対に勝つように、こういった営業の世界でも後出しは強い傾向にあります。
(私自身即決を迫れるような気の強いゴリゴリの営業とは程遠い人間ですし…)

で、この複数見積もりを取っているお客さんというのはこちらが見積もりを出して見せるまでは他の業者の見積もり(相見積もり)を見せてきません。

足元を見て金額を決められてはいけないと思っているのでそれは当然のことでしょう。
見積もりを出して始めてお客さんも心を開いて、相見積もりを見せてくれるのです。

私もいろんな他社の見積もりを見てきましたが、その中でも特に内容のひどかった会社についてお客さんからの情報も交えてお伝えしていきます。

口のうまいテレアポ

お客さんが言うには、その会社から突然自宅に電話がかかってきて、50歳くらいであろう女性から「外壁塗装で無料のキャンペーンをやっている。見積もりも無料なので明日家にいいか?」と聞かれたそうです。

一度は断ったそうなのですが、「ちょうど明日近くに行く用事がある」とか「家を見に行くだけなので」といって半ば強引にアポの約束を取りつけたそうです。

そうして次の日やってきたのは50代くらいの営業(男性)が来て、次々に壁のひびを見つけては指摘し、「もう雨がしみこんでいてこのままだと中の木材が腐ったり白アリを呼ぶ原因になる。手遅れにならないうちに壁を塗らないと。」と塗装を進めてきたそうです。

相場を知らなかった家主は、とりあえずその場で見積もりを取ってもらうことにし、それが適正価格なのかどうかも含めて知りたくて私の会社に問い合わせをしてきたという背景がありました。

法外ともいえる高額な見積もり

電卓と見積書

驚いたのは見積もりの金額でした。
普通の二階建て木造住宅(100平米ほど)だったのですが、その見積もり金額はなんと約300万円でした。

そして何より驚いたのが、わずか数分で見積もりが出来上がったとのこと。
普通であれば職人を連れていき、しっかり家のサイズを計測した上で細かい見積もりを作成するのが当たり前のはずが、なんとも大雑把な見積もりだったのです。

私が営業やっていたのももう10年近く前の話になるので覚えている範囲で書くとこんな感じでした。

足場0円
洗浄0円
補修0円
塗料300万円(200平米×15,000円)
値引き100万円
合計200万円
高額な見積もり例

この0円はなにか聞いたところ、その0円項目こそが無料のキャンペーンだというのです。
なるほど、その分塗料に金額を載せているのでしょうがあまりにも家のサイズが大雑把な気が。

その大雑把なところがあるからそこを100万円の値引きで許してねといっているようなものです。
その100万の値引きも、今日サイン(契約)してくれるのなら安くすると言われたんだそうです。
(まあこの辺は悪徳業者でなくても常套手段な気はしますが…)

ただ、即決できなかったのに値引きはそのままで置いて帰る時点で信ぴょう性が薄すぎますよね。

ちなみに私は工事部の人と同行して家を測って出した見積もりは約100万円でした。
結論そのお客さんは悪徳業者でもうちでも契約してくれませんでした。

ここからは失敗しない業者選びをするための秘訣についてお伝えしていきます。

単なる営業会社なのか・工事会社なのかを見極める

職人を持たない営業をしているだけの塗装会社も存在します。
彼らは営業だけ行い、工事はというと下請けの工事会社に依頼するのです。

そして場合によってはその下請けすらも工事を行わず、更に下請け(つまり孫請け)に工事をさせたりもしています。

業界あるあるではありますが、営業会社との契約の場合下請けに出来る限り安い金額で発注することがあるため、お客さんからしてみれば金額は高い上に工事は安い塗料を使われたり、いわゆる手抜き工事をされる可能性すらあるのです。

元請けが最後まで一貫して営業から工事までやってくれるところのほうが費用的にも工事の内容的にもいいと個人的には考えています。

そして候補に出てきた業者は「会社名_市町村名」で検索するとGoogleマイビジネスで口コミを確認するようにしましょう。
当然ですが悪評の多い業者は避けた方が無難です。

即決を迫る業者には要注意

きれいに塗られた白壁

即決を迫るのには理由が二つあります。

  • 他社と競争しても金額で勝てない
  • 営業コストをかけたくない

特に悪徳業者の場合金額が高いため、他社に見積もりを取られるのが嫌なのです。
ですから即決を迫る業者は疑ってかかるくらいの方がちょうどいいでしょう。

むしろ即決を執拗に迫ってくる業者にはさっさと帰ってもらって、選択肢から除外するに越したことはありません。

相手からやってくるテレアポや飛び込み営業に遭遇した場合、先に「即決は絶対にしない、即決を迫られたら即帰ってもらう」というような強い態度を見せておいた方がいいでしょう。
これを言って引き下がる業者がいたらそれは悪徳業者だったのかもしれません。

必ず相見積もりを3社取る

複数社見積もりを取ることで、大体の相場感を掴むことができます。
最低でも3社は相見積もりを取りたいところです。

この場合営業をかけられるわけではなく、お客さん側から見積もりを求めることとなります。
業者は相見積もりを取られる前提で金額を提示するため、最初は少し高めの金額を設定する業者や、最初からがんばった金額を出す業者と様々でしょう。

ですから見積もりはある程度取ったほうが参考になるのです。
相場感がわかったら、次は見積もりの内容に目をとめます。

塗料のメーカーと樹脂の種類を確認する

  • 塗料の種類:アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素・光触媒
  • 塗装の仕方:洗浄、下地の補修、塗りの回数
塗料の種類(樹脂)耐候年数
アクリル約5年
ウレタン約7年
シリコン約10年
フッ素約15年
光触媒約20年
正しい塗り方をした場合の耐候年数
※あくまで目安

見積もりを出した担当者を詰めるわけではないですが、塗料は一番重要な部分です。
上の表にも書いた通り、5年しか持たない塗料もあれば20年持つ塗料もあるわけですから当然です。

見積もりだけみて安いところを選んでも、気づいたら持ちの悪い安い塗料で塗られているということもあります。
塗料に関してはとことん厳しい目で見ましょう。

塗料について確認すべきこと
  • どこのメーカーのなんという名前の塗料を使うか?(できれば型番も)
  • 塗料の樹脂は何か?(ウレタン・シリコンなど)
  • 平米単価は何円するか?(見積もりに記載があるはず)

塗料をごまかされないための方法

インク

本来シリコン塗料での契約だったのに、実際の工事では安い樹脂(アクリルなど)が使われたり、塗料が薄められたりという話も聞いたことがあります。

もし私がお客さんの立場だったら上記を全て聞き出し、塗料メーカーのホームページに行きその塗料の存在をまず確認します。

存在は確認ができても、メーカーのホームページには平米単価いくらするかは書いていないことの方が多いです。
(そこに値段をつけるのを施工業者にゆだねているからです。)

平米単価に違和感を覚えるようであれば、別の業者にまったく同じ塗料を指定して見積もりを出してもらうことです。
そこで平米単価に大きな差が出たら高かった方の業者を疑うことができるからです。

塗料について確認出来たら次に自宅の壁面積(平米)全体を塗るのに、その塗料の用法で塗装すると塗料が何リットル(何缶)必要になるかを計算します。
計算無理ならメーカーに問い合わせて協力してもらいましょう。

そしてその計算結果を営業担当に突きつけるのです。
そうして営業の顔がひきつったり態度が変わったらちょっと怪しいと思った方がいいでしょう。

それでもまだ終わりません。

塗料の入った缶を確認&使用した缶を置いていってもらう

指定の塗料が何缶必要かということがわかったら、あらかじめ営業担当に対して、使用した後の空になった塗料の缶を引き上げずに家に置いておいてもらえるかどうか尋ねます。

それでも嫌な顔ひとつせず受け入れてくれる業者なら信頼度は高くなります。

塗料に詳しい&うるさいということをあらかじめ業者側に刷り込んでおくことで、抑止力じゃないですが「この客は面倒くさい、この客の目はごまかせない」と思わせておくのです。

工事に立ち会う

もっというと、いざ工事が始まった時に塗装を見守る(監視役)がいると心強いです。
塗料の缶は普通なら新品ですから、あまりにも汚れていたりしたら不自然ですよね?

職人が使う塗料の缶を見せてもらったり、あとはちゃんと決められた量使い切っているかを確認するといいでしょう。

ちょっと鬱陶しがられるかもしれませんが、こちらはそれぐらい高額な塗装代金を支払っているわけですから全然億劫になる必要はありません。

暇を持て余している親族などがいればぜひ協力してもらいましょう。

まとめ

一生に一度の大きな買い物と言われているマイホームですから、建物を維持するための外壁塗装にも細心の注意を払いたいものです。

私はマンション住まいなので外壁塗装の悩みは持っていないのですが、今後もし一戸建てを購入したり引っ越すなんていうことがあれば注意したいと思います。

コラム
スポンサーリンク
ブルージーライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました