【HSPあるある運転編】~繊細人に乗り物は消耗が激しい

HSPの気質/生きづらさ

こんばんは、ブルです。

HSPは極めて繊細がゆえに、私の場合以下の性質を持っています。

・平和主義で正義感が強い
・ルール、マナー違反に敏感
・言葉や行動ががさつな人が苦手
・人の思惑や悪意に敏感
・他人のいったことを真に受けすぎる
・思考が深い
・周囲に迷惑をかけないよう必要以上に気を遣う
・音に敏感
・アンテナの数が多く周囲の変化に気づく
・空気を読みすぎる
・自意識過剰
・自己防衛意識が高い
・疲れやすく消耗が激しい
・常に不安な気持ちが先行する
・本音と建前の本音を見抜くのが得意
・デリカシーのない言葉や行動がガサツな人が苦手

このような繊細さがもたらす性質から、生きづらさを感じているのも事実です。

では、HSPの繊細さはいかほどか!?

さて、私は東京に住んでからというもの電車での通勤がメインですが、学生時代は自転車、20代の頃は車通勤、休日は趣味でバイクに乗るという乗り物好きでもあります。

しかし、それら乗り物はタイヤが付いている以上、時に凶器となるのも事実。

繊細なHSPにとって、乗り物を操るのは消耗が激しいといえるでしょう。

そこで今回は私の主観にて、乗り物編HSPあるあるをお届けしてまいります。

スポンサーリンク

車の運転HSPあるある

  • 今日こそは事故が起こるかもしれないと毎回思う(もらい事故含め)
  • 急加速、急停止はしない
  • 煽り運転をされたら即道を譲る
  • 同乗者から「前の車との車間距離あけすぎじゃない?」とよくいわれる
  • 減速時はブレーキをなるべく使わずエンジンブレーキで減速(オートマ車でもシフトダウンすることあり )
  • 後ろに大型トラックがいると避けて抜かせる(迫ってくる恐怖)
  • 軽自動車に乗るのが怖い(フロント部分・ボンネットが短く事故した時怖い)
  • 車内環境では静粛性(静かさ)を重視する
  • 運転の荒い友人の車に乗るとヒヤヒヤがとまらない
  • かなり先にある信号を素早く察知し、駆け抜けるか減速するか見極めている
  • 前の車が窓全開からの腕出し運転をしてるとモヤモヤ
  • 人が運転する車に乗る場合、助手席よりも後部座席でシートベルト装着がやけに落ち着く
  • シートベルトのないバスが不安
  • ウインカー(指示器)を出さない車にモヤモヤ
  • 前を走る車の運転手からルームミラーで見られている感じがして緊張状態になる
  • 片側二車線の場合は左側を、片側三車線以上の場合は中央を走りたがる
  • 片側二車線以上の道路では隣と並走にならないようスピードを調整しながら走る
  • 高速ジャンクションが間違えそうで怖い
  • ドライブレコーダー装備の車だと会話する内容まで気を遣ってしまう

自転車の運転HSPあるある

  • 車道の端を走らなくてはならないのがそもそも恐ろしい
  • 車が後ろから通り過ぎる度に車に追突されないかビクビクしている
  • 車道に左寄せで路上駐車している車にモヤモヤ
  • 向かいからやってくる自転車とすれ違う時は緊張の一瞬だ
  • たばこを吸いながらの自転車運転など論外

バイクの運転HSPあるある

  • ヘルメットは絶対フルフェイス
  • 車より目立つため、見られている感が強く運転に力が入り疲れる
  • 車からバイクは速いものだと思われているような気がして運転をがんばってしまう

まとめ

いかがだったでしょうか。

中でもバイクは私にとって一番疲れる乗り物ですね。

だって、ヘルメットをかぶる頭以外生身の状態で車並みのスピードを出して走るわけですから事故が起きた時のことを考えると恐ろしくてたまりません。

繊細なHSPにとっては交通弱者である「歩行者」の立場が一番楽なのかもしれませんね。

私は過去交通事故を起こしているため、運転の仕事はあきらめていますが、人によっては運転が好きという方もいるかもしれません。

交通事故を起こした時の記事はこちら

車両の運転にはくれぐれも気をつけましょう。

このHSPあるあるシリーズでは「これだ!」というものが思い浮かんだらどんどん追記していく記事となっておりますので、一度読んでくださった方もまたご覧ください。

皆さんのHSPあるあるもぜひコメントいただけるとうれしいです。

※その他のあるあるシリーズは下記をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました