派遣は不安定?HSPの私が半年働いた経験から学ぶ派遣労働

社会の歯車 仕事/転職

こんにちは、ブルです。

私は今までの記事の中で、正社員から派遣社員になってずいぶんメンタルが安定したという記事を書いてきました。

これは間違いありません。
正社員だとみなし残業だか固定残業だかで馬車馬のように働かされ、派遣社員であれば1分単位で残業でつく。
これだけでも雲泥の差があります。

一方派遣社員の契約は有期契約であることがほとんどで、次回更新されるかどうかがわからないという不安も持ち合わせていることでしょう。

正社員より負担が少ないであろう派遣は確かにHSPにおすすめできるのですが、当然どんな派遣先かや就く仕事によってその度合いは変わってきます。

今回は、HSPが派遣で働く際に気をつけるべきポイントについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

HSPが派遣で働く際に気をつけたいポイントとは?

オフィスのデスク

派遣社員の契約のほとんどが有期契約です。
当然働く側もそれをわかった上で契約を結ぶわけですが、始めて派遣会社にお世話になるという人(特にHSP)は、ここは気をつけて欲しい!という部分をピックアップしましたので参考にご覧ください。

派遣会社の選び方

派遣社員として働くには、まず派遣元となる派遣会社をどこにするかを決めなければなりません。

一社だけにする必要はありませんので、聞いたことのある名前のある程度大きな派遣会社を2つ3つ選んで登録しておくのが無難でしょう。

サポート体制、コールセンターの有無

派遣で大事なのはサポート体制がどうなっているかというところです。

派遣会社と契約すると、社会保険の手続き、年末調整、場合によって勤務証明書の発行などやり取りが発生することになります。

そこそこ名の通った派遣会社であればサポート部署がきちんとあって、コールセンターに電話すればその辺のやり取りがスムーズにいくのですが、規模の小さい派遣会社だと、分業がきちんとなされておらず、派遣の担当者が一人で面に立っていることが多いです。

派遣の担当がテキパキと迅速な対応をしてくれるのならまだいいのですが、だいたい一人があれもこれも仕事をこなしているような規模の小さい派遣会社だと、担当と電話が繋がらないなんてこともあるかもしれません。

私が以前お世話になった派遣会社の場合、平気で2、3日連絡が来なかったため、事務所に催促の電話をしたらやっと折り返しの連絡がきたなんてこともありました。

そのあとお世話になった大手の派遣会社だと、ちゃんとした福利厚生関係の専用ダイヤルが設けられていてスムーズに事が進みましたね。

また、仕事の状況について親身に話を聞いてくれる担当がつくと、それだけでも安心感になります。

最悪辞めたいとなっても、派遣先に直接言うのではなくその担当に話すことで動いてくれることでしょう。

大手や信頼のおける企業案件を多く保有している

規模の大きい派遣会社だと、派遣先が上場企業や聞いたことのある名前の企業が豊富です。

派遣会社の規模が大きいほど派遣先の会社にも期待がもてるでしょう。

派遣先の選び方

派遣会社が決まったら次は派遣先を決める必要があります。
担当から職を紹介してもらえる場合もあれば、自分でここがいいと申し込む場合があるでしょう。

気をつけたいのは以下の点です。

契約更新サイクル

派遣会社からとてもいい仕事を紹介してもらった!と思っても、契約更新サイクルが一か月単位ならどうでしょう?

毎月毎月、というより毎日毎日「次の更新はもうないかもしれない」という不安と隣り合わせの中仕事をしなければなりません。

契約更新サイクルが短い派遣先は、その更新サイクルの短さを利用して不安を煽り、高いレベルの仕事を求めてくることもあるでしょう。

仕事ですから当然真面目にやって当たり前ですし、適度な緊張感が必要であることもわかるのですが、ひょっとしたら1ヶ月後には仕事がないかもしれないという気持ちを毎月持ち続けるのは精神衛生上よくないでしょう。

私の場合は三ヶ月更新だったのでそこまで焦りはしませんでしたが、それでも三ヶ月仕事を失うことを想定してその間就職活動もしなければならないでしょう。

理想は半年とか1年で更新サイクルが回っている会社なのですが、実はこにも落とし穴があります。

就業規則を早い段階でチェックしておく

契約更新が半年とか1年の場合、長いので安心と思っている方もいますが、中には突然何かの事情で派遣の仕事を続けることが難しくなることだってあるでしょう。

そしていざ退職をしようと試みても、担当からは「契約期間中だから無理」と言われることもあるかもしれません。

派遣社員は派遣先の就業規則ではなく、派遣元(派遣会社)の就業規則にのっとって仕事をすることになります。

そのため派遣先が決まる前、派遣会社に登録をした時点で就業規則をあらかじめ確認しておくべきです。

最近ではWEB上のマイページから就業規則が確認できるようになっているケースが多いです。
休日の件、給与の件、退職の件などは目を通しておくといいでしょう。

まとめ

私は退職の時にもめたので派遣会社にあまりいい思い出がありませんが、そこには私の認識不足や知識不足があったことも否めません。

私の場合、派遣先が派遣みたいなことを行う会社(BPOサービス)だったため、ややこしい環境でした。

HSPにとって派遣という選択肢はおすすめではありますが、長い目で安心感を得たいなら派遣会社、派遣先を選ぶとき十分気をつけましょう。

派遣の退職でもめた時の話は下記の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました