【カラオケ最高!】HSPにおすすめのストレス解消方法

HSP気質や生きづらさ/アダルトチルドレン

こんばんは、ブルです。

人一倍繊細であるHSPですが、その疲れとストレスは想像以上のものであるといえます。

本音が言えない、思考が深い、他人の嘘や悪意を見抜く、自意識過剰。

挙げればたくさん出てきますが、「本音が言えない」、つまり思っていることを素直に口に出せないという点は、この中でも特にストレスが溜まりやすい原因になっています。

例えば、仕事でちょっとしたことを相手に頼むのも躊躇したり、逆に周囲から振られた仕事を断れなかったりということもあるでしょう。

また、物静かで優しいことをいいことに、上司から詰められやすかったり、ストレスのはけ口にされたりすることもあるかもしれません。

いずれにせよ、ストレスは発散しないと溜まっていく一方です。

今回は、HSP向けのストレス解消方法で私が一番効果的と感じているものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カラオケで熱唱は最高のストレス解消

私は元々音楽を聴くことも歌うことも好きで、今思うともったいなく感じますが、10代の頃はかなりの時間を音楽鑑賞に費やしていました。

車を運転できるようになると、車内で好きな音楽をかけてそれにあわせて大きな声で歌ったりもしていました。

当時はそれがストレス発散になっていることには気づいていませんでした。

私は20代後半で上京し、東京に住んでいたのですが、家賃も高く、車を持ったとしても駐車場が田舎の家賃並みにかかるものですから所有することができず、車からは無縁の生活を送るようになりました。

そして東京の朝の満員電車、遅くまでの残業でストレスMAX!

そんな時に出会ったのがワンカラと言われるおひとり様専用のカラオケ屋でした。

ここであれば他人を一切気にすることなく発声することができたのです。

効果はどれぐらいあったか

私の場合週1回のペースで通っていました。

かなり熱唱するため、カロリー消費も多く逆に疲れるのかな?と最初のほうは思っていたのですが違いました。

これは私の主観ではありますが、歌い終わったあとはめちゃくちゃスッキリ!心が晴れ晴れとして、逆に疲れが吹き飛びました。

また一週間がんばろうという前向きな気持ちになることができたのですが、一週間も仕事をするとまたストレスは溜まるもの。

定期的に通うことで都度ストレスをリセットすることができました。

声が小さいと言われる人にもおすすめ

私も営業の仕事をしていた時に声が小さいと指摘され、大きな声で話せと何度も言われたことがあり悩んでいました。

またそんなに数が多いわけではありませんが、今まで出会ってきたHSPさんの傾向を見ると声が小さい人が多いように見受けられました。

私の場合、東京に出てくる前のほうが声は全然出ていたように思えました。

カラオケに定期的に通うことで、大きな声で歌うことで肺活量が鍛えられたり、お腹から声を出す癖がつくため、ある日気づいたら普段の生活でも声が大きくなっていることに気づいたんですね。

ひとりカラオケは本当におすすめですね。

普段の生活で大きな声を出す方法

とはいえ、毎週毎週カラオケ行くのは面倒だしお金もかかる、近くに一人用のカラオケ屋もないという方もおられるかと思います。

かといって、家で大きな声を出そうものなら家族やご近所さんからクレームが来るかもしれませんよね。

ですから普段の生活で意識して大きな声を出すことって難しいと思うんですよね。

そんな時におすすめしたいのがこちら。


かなり静音になるようで、家でも気兼ねなく歌ってストレスを発散することができます。

自宅でカラオケを楽しむもよし、お部屋で本格的にボイストレーニングをしたい人にもおすすめです。

まとめ

楽しんでストレス解消をするのが大事です。

楽しめることが私の場合、歌を歌うことだったわけなので、ストレスが溜まっている音楽大好きなHSPさんには一度ぜひ試してもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました