【巻き込み】ルンバの車輪に紐やコードが絡まる!タイヤの外し方紹介

ルンバの紐絡まりは猫が犯人 コラム

こんばんは、ブルです。

うちのファミリーには赤ちゃんやら猫がいるのですが、それよりも更に弱い存在であるルンバ。

玄関に落ちてこと切れていることはしょっちゅうなのですが、中でも面倒なのがコードや紐が絡まった時なんですよね。

うちの場合は猫を飼っているのでネコのひも状のおもちゃがよく挟まってしまうんですよね。

ルンバのタイヤに絡まった紐

これ、引っ張ってもびくともしないんですよね。

中央の2本の棒のところに挟まったコードや紐はレバーを押し上げたら棒が取れて解決するんですが、車輪のほうはそうもいきません。

ルンバ(i-Robot)の公式サイトっぽいところで前輪、後輪の外し方とか書いときながら丸い1個だけのタイヤのほうしかやり方が載ってなかったりと不親切極まりないんですよね。

なので、自分でタイヤを外してみたのですが思った以上に簡単だったので、お困りの方のために紹介したいと思います。

スポンサーリンク

所要時間3分!ルンバの車輪に紐やコードが挟まった時の対処法

ルンバ

車輪に巻きまれた紐やコードが引っ張っても取れない場合、タイヤを本体から外す必要があります。

しかし安心してください、3分あれば車輪は外せます

用意するもの
  • プラスドライバー(中サイズ~大サイズ)
  • プラスドライバー(中サイズ)
  • (お掃除用にピンセットがあればなおよし)

はい、プラスドライバーだけで解決しますので焦らないようにしましょう。

タイヤ外し手順1.中サイズ(大サイズ)のプラスドライバーでネジを緩める

ルンバ裏面のネジを緩める箇所

まずは中~太めプラスドライバーでオレンジの丸で囲った部分のネジを緩めます。

緩めるだけで外れてくれるので無理にパーツからネジを抜く必要はありません。(部品喪失防止)

全てのネジが緩んだら裏のフタを持ち上げましょう。

ぱかっと取れます。

タイヤ外し手順2.中サイズのプラスドライバーで裏フタの下に隠れているネジを外す

ルンバ裏のフタを開けたところ

裏フタを開けたら次は下に隠れているネジを緩めます。

オレンジ色の丸で囲った部分のネジを外すのですが、ここで注意点があります。

右下側のほうは奥まったところにネジがあり、細めのドライバーでなければ入りません。

上側のネジも小さいので同様に細めドライバーを使用しますが、取ったあとルンバの裏側に落とさないように気をつけましょう。

私は中に落として取るのに苦労しました…

タイヤ外し手順3.車輪の部分を持ち上げて本体から外す

ルンバ本体から車輪を切り離したところ

ネジを外したら車輪部分を持って上にあげると本体からタイヤが外れます。

紐のおもちゃも取れてめでたしめでたしです。

あとは車輪を元通りはめて、ネジをしめて、裏フタをしめて更にネジをしめればあっという間に元通りです。

時々ルンバ裏側の定期メンテナンス(お掃除)が必要

今回裏フタを開けて思ったのですが、至る所にほこりや猫の毛が溜まっていました。

ピンセットなどがあればこういった機会に取り除いてやることをおすすめします。

また、裏側のネジの部分など一度も触ったことがないにも関わらず、ネジがグラグラと外れかけになっていたものもあったので定期的に裏面も見てみるようにしましょう。

それにしてもうちのネコ、いつになったらルンバに乗って遊んでくれるんだろうか…(びびって近づこうとすらしません)

ネコがいると毛だけでなくて床の吹き上げもしたいですよね。
今究極に欲しい一台が床拭きロボットルンバ。


値段高!
仕事がんばるしかないですね…
あとうちのルンバ君、夜中に突然英語でしゃべりだすの怖いからやめてください…

コラム
スポンサーリンク
ブルージーライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました