【仕事辞めたい…】面倒くさい上司の特徴6選

ウザい上司HSPの仕事/転職

こんばんは、ブルです。

どこの会社にも「ウザい」人はいるもので、しかもそれが先輩や上司ときたならば回避することは困難ですよね。

そんな上司の存在に常に悩まされているようでは人生楽しくありません。

今回はそんなモンスター上司たちにスポットをあてていきたいと思います。

スポンサーリンク

面倒くさい人ほど上司になりやすい

上司になったから面倒くさくなったのか、はたまた元から面倒くさい人だったのか。

私の経験上前者だと思います。

精神年齢小学生じゃなかろうかというような人に限って昇格していると思ってるのは私だけでしょうか。

そういう人に限って上を取り込むのが上手なんですよね。

さて、そんなこんなで今回は面倒くさい上司の特徴について具体例をあげてみたいと思います。

自画自賛する上司

仕事をうまくこなした時に「俺って天才?」みたいなことをみんなに聞こえる大きな声で言うタイプです。

戯言を放っているのが上司のため、周りにツッコミを入れられる人がおらず、その人の独壇場となり非常に気分が悪いです。

そこで「すごいですね!」なんて褒めちぎろうものならますます調子に乗りますし、苦笑いしたりスルーしようとすると、「なんで無視すんだよ!」と逆切れしてくるケースもあるため注意が必要です。

こういうタイプに限って以外に敏感で個々の反応を観察して覚えているものです。

上司の自慢にいやいや付き合っているのが察知されると、「どうせ俺のこと馬鹿なやつだと思ってんでしょー?」みたいな超めんどうくさい絡み方をしてこないとも限りません。

周囲の心の中では「はっ?ウザ」と吐き捨てられていること間違いありません。

100%否定から入る上司

「ああいえばこういう」というタイプです。「うん、そうだね」が言えません。

まったくもって正論を言っているのに、正論を無理やり論破しにかかってきます。

とりあえず一度は否定しないと気がすまないのでしょう。毎日一緒にいるとジワジワとストレスが溜まりますよね。

周囲みんなに対してそうならまだいいのですが、こういうタイプに限って人を選んで言ってきます。

言ってることが二転三転する上司

いろんなケースがあると思いますが、具体例を挙げてみましょう。

例えば、配属されたばかりの部署で仕事をいちから覚えなければならなくなった時のことを思い浮かべてください。

上司が優しく「わからないことがあったら何でも聞いてね」と手を差し伸べてくれます。

すると新人も上司に「これ教えていただけますか?」と質問します。それに対して上司が「何でもかんでも聞くんじゃないよ!自分で調べなさい!」と言います。

まあここまでならよくある話ですよね。

じゃあ言われた通り自分でがんばって調べよう!と上司を頼らず自分で調べていると、上司が「今何してるの?」と聞いてきます。

「〇〇がわからないので調べてます。」というと上司が「何やってんだよ!何で俺に聞かないんだよ!わからないことがあったら俺に聞けって言っただろ!」

とまたもや逆切れ。いやいやどっちやねん…。前は自分で調べろっていったじゃん!もはや言ってることが矛盾していますよね。

つまりは気分屋なんですよね。怒る口実を作りたいのか、ただ機嫌が悪かったのかこっちとしては知ったこっちゃないですがいい迷惑です。

残業させておいて早く帰れという上司

残業をさせるだけさせたあげく、帰り際に吐き捨てるように早く帰れよ!と言うタイプです。

遅くまで残業させたら普通の会社であれば「遅くまでお疲れさん!ゆっくり休めよ!」とさっぱり終わるところが、ブラック企業だとこれですからね。まったくえらい違いです。

いやいやいや、こんな時間まで残業させてるのあなたでしょと言いたくもなりますが。
こんな上司なら当然ノー残業で帰ろうとすると「は?もう帰んの?」と冷めた視線を送ってきます。

長時間拘束させる上司

仕事の残業に加え、昼休憩の食事に付き合わされたり、業務終了後に飲みに誘われたりとプライベートにも介入してこようとするタイプです。

ただでさえ会社で長時間一緒なのに、そこから更に関わってこようとする上司。異性ならなおさらでしょうが同性でも気持ちが悪いです。

私の経験だと、残業して帰ろうとすると、「奇遇だねえ、俺もちょうど帰ろうと思っていたところだよ」とか言って粘着してきます。そのまま飲みに連れていかれるケースですね。

役職についたばかりの管理職

やたらと気合いが入っているため、下につく部下はそのとばっちりをくらいます。

昇格したばかりですから、そのプレッシャーがダイレクトに部下にもおりてくると考えたほうがよいでしょう。

昇格したので管理職の業務を全うしなければいけないという完璧主義に陥っているためです。

役職についた人なら誰しもこうなりがちではあるのですが、下についた部下からしてみるといい迷惑ですね。

しばらくの期間耐える必要が出てくるでしょう。

ウザい上司は反面教師にしつつ離れる

百害あって一利なしの上司かもしれませんが、ひとつだけ良いことがあります。

客観的に痛い上司を眺めることで、反面教師とすることできるということです。

しかし、考えてみてください。

1日24時間、寝ている時間8時間、労働時間8時間としましょう。寝ている時間を省くと労働時代の50%は仕事です。

極端な話かもしれませんが、そんな嫌な上司と人生の半分を共にすると考えると吐き気がするのではないでしょうか。

であれば見切りをつけるのは早いほうがいいです。状況が耐えがたい場合には部署異動の申し出や、転職をおすすめします。

なぜなら他人を変えることはできないからです。

上司ともなると性格の悪い部分を指摘するのも大変ですし、指摘できたとしても性格が直る歳でもないでしょう。

今すぐにでも行動を起こせるのは自分です。いつ変わるともわからない上司へ期待するのはやめましょう。

どうしてもすぐの異動や転職が難しい場合は、なるべく一定の距離を保つのがよいでしょう。

会社は辞めたくないし部署異動できるほど大きい会社でもないという場合は、仲間を募って上司よりも上の役職者へ報告するのもひとつの手といえます。

皆さん、モンスター上司にはくれぐれもご注意を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました