【ミスド食べ放題】甘い系のビュッフェではコスパ最強かも

ミスドのショーケース グルメ

こんばんは、ブルです。

ケーキの食べ放題と聞くと非常に魅惑的なのですが、ドーナツの食べ放題に関してはあまり乗り気ではなかった私。

ドーナツが嫌いとかそういうわけではなく、そもそも1個100円ぐらいと安いドーナツはすぐにお腹がいっぱいになって元が取れないだろうと考えていたからです。

しかし、単価が安い分チャレンジしやすい価格設定になっていることから一度は試しておこうと今回のぞみました。

スポンサーリンク

ミスタードーナツ食べ放題の概要

ミスドビュッフェルール

まずそもそも食べ放題を実施しているかどうかの確認を店舗に行い、予約が必要とのことだったためその場で取りました。

時間帯も開店直後の10時しか無理と言われたため、朝からモーニングドーナツビュッフェになったわけです。

値段:1,200円(税込)
小学生以下:700円(税込)
3歳以下:無料
制限時間:60分
内容:ドーナツ食べ放題・ドリンク飲み放題(マフィンやパイ系もOK)
食べ放題で食べられないメニュー:飲茶系や一部の期間限定の商品
食べ放題で飲めない飲み物:スープ、タピオカ系のメニュー、ミルク
ルール:1回に1人6個、ドリンク1杯が取れる
※実施店舗によってルールが異なります。

食べ放題の流れは簡単。

先に食べ放題の金額を精算すると、開始時間の記載されたドーナツビュッフェのチケットが渡されます。

好きなドーナツを6個まで取ってレジに持っていくと、お金を払う代わりに食べ放題チケットを見せればOK。

ミスド食べ放題コスパを大調査!元は取れるか?

食べ放題料金が1,200円ということは、単純に100円のドーナツ12個食べないと元が取れないわけです。

これはさすがにきついなと思いながら、なるべく単価が高めで軽めのドーナツをいただくよう気をつけました。

あと忘れてはならないのがドリンク。

紅茶やコーヒー、ジュースなども飲み放題ですから飲まないわけにはいきません。

ミスド食べ放題
左下はエンゼルクリーム、右下はオールドファッション

最初に持ってきたのがこちら。(妻と一緒に訪れました。)

軽めというところでフレンチクルーラーやポンデリング系のドーナツを多めに取りました。

うん、安定のおいしさ。優雅に紅茶を飲みながらゆっくりといただきます。

制限時間60分というのははっきり言って十分すぎるくらいです。

なぜなら、既にできあがっているドーナツをレジを通して自分の席に持っていくだけですから、焼肉のように肉を焼く時間もかからなければ、料理を待っている時間も必要ありません。

60分をフルにドーナツを味わう時間として使うことができるのです。

総菜系を食べられるのが最高!

甘味の食べ放題でつらいのが甘さで血糖値があがってすぐに気持ち悪くなるところではないでしょうか。

ただ、このミスドのビュッフェに関してはしょっぱい系も食べ放題メニューに含まれているのです。

例えばこちらはポン・デ・ちぎりパン3種のチーズ(左上)とめんたいマヨ(左下)です。

これを店員さんに温めてもらえるのでお願いして食べたのですが、とにかくおいしい!です。

特にめんたいマヨ!

パン自体が軽い上に温めているので口の中で溶けるようになくなっていきます。

今まで食べてこなかったのを後悔するくらいのおいしさで本当にびっくりました。

写真右側の塩バターマフィンは中にクリームも入っていておいしかったのですが、なかなか重たく、失敗したかなという感じです。

期間限定商品は単価が高いためおすすめ!

ちょうど開催していたポケモンのドーナツに関しては食べ放題メニューに含まれていなかったのですが、その他の期間限定メニューは食べれたのでいくつか取ってみました。

ミスド陳健一のパイ

中華の世界では有名すぎる陳健一さん監修のエビチリパイ(写真右)もほどよくスパイスの効いたお味でおいしかったです。

ちなみに左はソースの効いたフランクフルトで食べ応え抜群でした。

ちょっとカレーっぽい味がするなと思っていたら、バーベキューフランクフルトだったようです。

ミスド陳健一のチャーシューパイ

続いてチャーシューパイもいただきます。

こちらもあまり味わったことのない独特なスパイスの効いたパイで、新鮮さを味わうことができました。

写真左はポン・デ・リングの中にホイップクリームが入っていて、チョコレートがコーティングされていて私のめちゃくちゃ好みのやつでした。

むしろチョコのコーティングがないところのほうが私は好きで、もちっとした記事にホイップクリームで雪見だいふくを彷彿とさせるドーナツでした。

スポンサーリンク

結果発表!何個食べれてどれぐらい元を取れた?

それでは結果発表とまいります。私が食べたドーナツはこちら!

フレンチクルーラー:121円
エンゼルフレンチ:154円
ストロベリーカスタードフレンチ:154円
エンゼルクリーム:132円
ポン・デ・ザクショコラ:165円
クリームインマフィン塩バター:220円
めんたいマヨ:198円
ポン・デ・エンゼル?:154円(公式サイトに情報なし)
チャーシューパイ:253円
エンゼルフレンチ:154円
ホットコーヒー:275円
紅茶:275円
青森県産ふじりんご100%ジュース:264円
※値段はイートインの税込料金
※妻が食べた分は省く

結果発表(カッコ内の数字は妻)
食べた個数:10個(10個)
合計金額:2,519円(2,475円)
得した金額:約1,319円(1,275円)

摂取カロリーは?

上記のドーナツ10個分のカロリーを合計したところ、なんと2432kcalになりました!(妻に至っては2,500kcal超え)

ちょうど成人男性の一日分の目安摂取カロリーを朝ごはんだけで取ってしまったわけです。

妻も私と同じで10個食べているのですが、ココナッツチョコレートやハニーオールドファッションなど高カロリーのものを食べているので私よりも摂取カロリーは若干多くなりました。

コスパ追及においての反省点

普段食べているチョコファッション、オールドファッションハニーはお腹に溜まるので控えておいたのですが、マフィンがなかなか重たかったです。

単価の高さにつられて食べましたが、甘みが強いのとモソモソ感があるため一気に満腹中枢が満たされてしまいました。

結果ドリンクに走る⇒更にお腹が張る結果に。

あとはエンゼルフレンチ2個、ポン・デ・ザクショコラ、ポン・デ・エンゼルにコーティングされているチョコ。

これが最後のほうになってくると血糖値上昇で体が受け付けなくなってきます。

やはりチョコですから砂糖が多く含まれているのは間違いありませんから、コスパを追求したい場合少しチョコ系は控えた方がいいかもしれません。

ミスドのドーナツビュッフェ再訪は全然あり!

普通食べ放題というと食べる前は生き生きとしているのに、終わった後はお腹いっぱいでめちゃくちゃ苦しくなるのでしばらく同じものを見たくない・食べたくないとなるのが普通ですよね。

でもこのミスド食べ放題に関してはそういった気分の浮き沈みがありませんでした。

その日の夜にはもうドーナツを食べたくなっていたくらいです。

これもひとえに甘いのも辛いのも食べさせてくれるミスドの良心的なルールが影響しているのでしょう。

コスパに関しては予想以上の結果が出て非常に満足しています。

昔はドーナツどれでも100円セールみたいなことをよくやっていましたが、今では少し価格の高いプレミアムなドーナツも出てきて単価が高くなったこともあるのでしょう。

それに消費税10%へのアップ(イートイン適用)も加わり、食べ放題1,200円(税込)ならドリンクも含めて簡単に元が取れるということがわかりました。

あとは種類が豊富なのもよくて飽きがきにくいです。

レストランの食べ放題などでよくある、制限時間があるのに料理がなかなかこなくてストレスという状況もミスドではありません。

その日だけカロリーは気にしないようにして、皆さんも一度挑戦してみはいかがでしょうか?

※ドーナツの名前や値段は2020年12月の公式サイト情報になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました