Twitterはブログネタの宝庫!毎日更新が無理な人におすすめの活用術

砂で書いたTwitterの文字 副業ブログ

おはようございます。ブルです。

ブログを毎日書いていると、ネタに困るというのはよくある話ですよね。

私の場合だと以前はこんな感じでブログネタを準備してきました。

お風呂に入っている間にネタを考える
過去記事を思い返す⇒記事が派生する
日常で思いついたネタは即刻スマホにメモする

しかし上記を実行していたとしても、ネタに詰まることはよくありました。

ブログネタがない ⇒ 毎日更新途切れる ⇒ 挫折 ⇒ 気づいたらブログを書かなくなっている

以前の私はこんな感じでした。

そんなブログネタに困った時に有効活用できるのがTwitterです。

スポンサーリンク

ブロガーにおすすめのツイッター活用術

スマホでTwitterにログイン

SNSを使っている方も多いと思いますが、ブログと相性がいいのが文章メインのTwitterです。

文字を書いて発信したり読んだりするのが好きな人たちが利用しているからです。

「ブログを書くのに手一杯でTwitterをやってる暇なんてない」と思っている方にこそ知ってほしい活用術をご紹介していきます。

ブログテーマに沿ったフォロワーを集める

ブログを書かれている方の多くは、何かしらのテーマ(主題)に沿って記事を書いていると思います。

私の場合であれば、HSPという全人口の5人に1人が持つと言われている繊細な気質を持っている人たちに向けたブログです。

例えばTwitterの検索欄で「HSP」と入れると、「HSP」を含む投稿や人物プロフィールがたくさん出てきます。

まずはそういった自分のブログの読者になってくれそうな人をどんどんフォローしていきます。

フォローを進めていくと、そのうちのいくらかはフォロワーになってもらえます。

ブログテーマに沿った投稿を続ける

140文字の投稿ができるTwitterですが、気軽にスマホで投稿できるのがメリットですよね。

ブログテーマに関連する投稿を続けることで、フォロワーは増えていきます。

・朝通勤中にに1ツイート
・仕事から帰宅中に1ツイート
・寝る前に1ツイート

これだけでも1日3つも投稿することができます。

フォロワーが増えることで、自分が書いたブログ記事をTwitterで拡散した時にアクセスが集まるため、日々の投稿を心がけるといいでしょう。

それもなるべくブログテーマに沿った内容で、質の高いツイートをし続けることが大切です。

ブログ界で有名なマナブログを運営するマナブさんは、2020年12月時点でTwitterのフォロワーが30万人以上いますが、そのツイート投稿数たるや約67,000件です。

日々の積み重ねが大事ということがうかがい知れますね。

フォロワーからの気づきがもらえる

ブログテーマに興味のある人たちばかりをフォロー・フォロワーの関係でいると、Twitterをのぞけばフォローしている人たちの投稿を続々と見ることができます。

仮にフォローしている人が100人いて1日1ツイートしていれば、100人の意見を得ることができるでしょう。

ただ、やってはいけないのは人のツイートを丸ぱくりしてブログネタにすることです。

引用する場合はTwitterの「ツイートを埋め込む」機能を使えますが、いつ消されるかもわからない他人の投稿は記事管理の観点からもなるべく利用しない方がいいでしょう。

過去の自分のツイートを掘り起こしてブログネタにする

Twitterで日々投稿を繰り返していると、ブログの投稿記事よりもTwitterのツイート数のほうが圧倒的に多くなっていくはずです。

例えばブログを1日1記事更新しながらツイートは1日3回行うようにすれば、3倍のツイート数になるわけです。

ブログネタに困った時は過去ツイートを読み返して、ブログ記事にまで膨らませることができる投稿を探し出すのです。

自分のツイートを見れば、どういう意図で投稿したかはわかるはずですから、文字数を増やして記事化させていくのは容易なはずです。

特に「いいね」をたくさんもらったツイートを記事化すれば、読者にとって有益となる可能性が高いため、反応の良かった投稿を引用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

ツイートをブログ記事にする場合は必ず元の投稿を埋め込む

Twitterの「ツイートを埋め込む機能」を利用すれば、自分の投稿を記事内に埋め込むことができます。

例えばこんな感じ。

このようにツイートを埋め込むことで、Twitterユーザーからフォローしてもらえるメリットがあります。(このツイートは全然いいねもらえてませんが…)

ブログ記事更新後のTwitter記事リンク飛ばしはほどほどに

ブログを書き終わったらその記事リンクを投稿することで、サイトへのアクセス流入を促すことができます。

例えばこんな感じです。

しかし、これを毎回行うのはおすすめしません。

なぜなら、こういったサイトへのリンクが載っているものは広告のイメージが強く、見ている人からすると何か売りつけられる、ビジネス目的だと思われてしまうことがあります。

あまりやりすぎると目に見えてフォロワーが減っていくことでしょう。
(私も経験しました。)

実際このような記事リンクの投稿は、何もリンクをつけていない投稿と比べると「いいね」の数も圧倒的に少ないです。

Twitterにあげる記事は厳選し、ここぞという時にリンクを飛ばすようにしましょう。

インフルエンサーにコメントする

Twitterでフォロワーをたくさん抱えているインフルエンサーにコメントをすることで、自分のコメントの露出機会が大幅に増えます。

そのため、ナイスなコメントができるとそれを見た人たちがフォロワーになってくれる確率もあがるので効果的といえます。

場合によってはインフルエンサーがコメントをリツイートしてくれるかもしれず、そうなった場合フォロワーは飛躍的に増えることでしょう。

ちなみに私のフォロワーはたったの約300人ほどで、投稿数もたったの400ほどです。

今まではブログネタとしてTwitterを活用していましたが、今後は有益な情報も発信していけるよう投稿に注力していきたいと思います。

その結果どうなったかの記事もまたアップしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました