HSP

HSPと上手に付き合う

【HSP×ノイズキャンセリングイヤホン】もたらした静寂とメリットとは

完全在宅勤務が2年近く続き、外部からの刺激が限りなく少ない状態で生活できていたのも束の間、ついに会社から出社要請がなされるようになり、今では週2~3日程度、都心にあるオフィスへの出社を再開しています。 いつかこの時が来るだろうとは思っていたものの、現実は受け入れがたく、転職すら考えたほどでした。
仕事/転職

チャット業務ってどんな仕事!?繊細なHSPには向いている?

コールセンターと聞くと電話をイメージする方も多いかもしれませんが、年々、お問い合わせ窓口としてチャット機能を導入する企業も増えています。私が初めてユーザーとしてチャットを使ったのは、ネット回線のプロバイダとやり取りした時のことでした。
HSPと上手に付き合う

【メンタル豆腐】HSPの私に今や欠かせない2つのメンタル維持方法

こんばんは、ブルです。「死にたくなったら筋トレしろ」みたいなタイトルの本を以前、本屋で見かけたことがあります。「いや、死にたい人間に追い打ちかけてどうするんだよ…」「そもそも本当に死にたいと思っている人間に筋トレする労力や余力は残ってないん...
HSPと上手に付き合う

HSPで不眠症の私がぐっすり眠れるようになった2つの方法

私がよくうらやましいなと思うのは、「目を閉じたらすぐに眠れる人」です。 たまにいますよね、布団に潜ったら1分あったら寝れるよっていう人。(身内にも1人いるのでびっくりです)ベッドに入ったはいいけれど眠れない、一日仕事をしてぐったり疲れているはずなのに、
仕事/転職

HSPだからこそ「面倒で嫌な問題から先に手をつける」べき理由

”面倒だけどやらないといけないこと”がある時に限って、その他の”さほど大事ではない作業や仕事”に手をつけてしまうことってありませんか?例えば学生時代、本当であれば机に向かって必死にテスト勉強をしないといけないはずなのに、気づいたら一生懸命になって
仕事/転職

HSS型HSPの29歳独身女性がリゾートバイトで全国を旅する理由

今回インタビューにご協力いただいたのは、HSS型HSP気質をお持ちだという加奈子さん。(仮名) 彼女は29歳独身で、自分がHSS型HSPだということに気づいたのはここ3ヶ月ほど前のことだといいます。 リゾートバイトで全国を旅する20代独身女性はHSS型HSP
HSPと上手に付き合う

【周囲の目が気になりすぎ】HSPは外食でも買い物でも疲れ果てる

毎週末の買い物がものすごく疲れるんです。 自分が必要なものがあって買い物に行く時は目当てのものだけをささっと買って買い物即終了になるのでたいしたことはないのですが、問題なのは毎週の妻の買い物です。
HSPと上手に付き合う

HSPは治る?HSPを自覚して3年の35歳既婚子持ちが答えてみた

5人に1人の人一倍繊細なHSPですが、現在認識されている主な情報として生来的なもの(生まれつき)、病気ではない(病名・診断名ではない)とこの二つが挙げられます。HSPは病気ではありませんから治療という概念も存在しません。本人が自覚するかどうかの問題です
HSPと上手に付き合う

HSS型HSPは引っ越しがお好き?当事者が6回の引っ越し経験を語る

転職9回も去ることながら、引っ越しを6回経験している私。 親が転勤族とか、自分が転勤のある会社に勤めていればたいして珍しいことでもないのでしょうが、私の場合仕事起因による引っ越しはゼロ。しかも20代半ばから30代半ばまでの9年の間に6回引っ越ししているんです。
HSPと上手に付き合う

【HSP×ルームシェア】東京でシェアハウスに1年住んだ感想は?

私が田舎から28歳で上京した時、最初の住まいとして選んだのがシェアハウスでした。 シェアハウスを選んだ理由は3つ。当時東京で賃貸を借りられるほどお金がなかった。シェアハウスの運営者が昔からの友人だったこと。番組初期のテラスハウスが一世を風靡していたこと