【満員電車】OLがスマホで検索したのは?

HSSの気まぐれコラム

こんばんは、ブルです。

今日の電車も魔がさしている。それは、人間という名の魔物が大量に乗っているからでしょう。

さて、今日も魔物たちの話を取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

満員電車ブルージー

魔の領域

電車の開くドアの両端が妙に落ち着くブルです。

あの領域を確保できるとほっとしません?もたれかかれるし。

そう!このもたれかかりが案外迷惑だったりするんですよね。

座席が空いてるとみんな我先にと端っこの席に座ろうとしますよね。

やったぜ!椅子取り競争に勝った!今日はついてるなんて勝ち誇っていると、リュックやバッグを背負ってる若い男が隣の仕切りにもたれかかってくるわけですよ。

そしてその隙間からそいつのリュックがこっちの顔に当たるか当たらないかの微妙なところまでせり出してくるんですよね。

しかもやたらとゴゾゴゾ動くから気になってしょうがない。

「ごぞごぞすんなやこのごぞ松が!」と言いたくても言えず。

さっきまで椅子取り競争を制して有頂天になっていたのに一気にどん底に突き落とされた感じです。

まあこれは電車あるあるの話ですよね。

三流小説

「おい!とりあえずこいつボコってこの女連れてこうぜ!」

田舎のヤンキーが吐きそうなセリフを朝から熱心に読んでいるサラリーマン。

その後の展開など1ミリも気にならず、むしろ読んでるサラリーマンがどんな人間か気になってしようがありませんでした。

野蛮な顔つきで、きっと会社でもパワハラ三昧なんだろうなと思って恐る恐る顔を見てみることに。

そしたらなんと知的で聡明な感じのナイスミドルではありませんか!

インテリの中に優しさすら感じられます。

それに対して小説内容があまりにも不釣り合いでミスマッチでちょっと面白かったのでよしとしましょう。

ふう、今日の電車もひやひやします。

スポンサーリンク

美形OLがスマホで検索したもの

みんな電車内でスマホいじってますけど何やってるか気になりますよね。

ゲームやってる人が6割、ウェブサイト閲覧が3割、メールやラインが1割といったところでしょうか。

たまたま私が見かけたきれいなOLさんは、ちょうどスマホで何かを検索しているところでした。

てかそんなの見んなよ!気持ち悪いぜブル野郎!と思われるかもしれません。

いいえ!スマホの方から私の視界に入ってきたんだからしょうがないんですw

それはさておき、ここでまた検索ワードにびっくらこきました。

「東京 東京」

「…」

いまだかつて同じ語を二回繰り返して検索している人を見たことがない!

いや、ある。土間土間は土間土間だ。二回繰り返していることになるぞ。

ん?ということは東京東京という名前のお店でも存在するのだろうか。

いや待てよ、土間土間であれば土間と土間の間にスペースは入れるはずだ。

違和感を覚えたのは地名をスペースを空けて繰り返していること。

普通地名が来たらあとに続くのはジャンルというかカテゴリですよね。

「東京 観光名所」「東京 レストラン」みたいな。

もしくは「東京 大阪」のように地名+地名で交通ルートを調べたりなんてものが一般的ですよね。

それを「東京 東京」って…

東京of東京?東京の王道を探そうとしているのか!?

考えれば考えるほどわけがわからん!

味付け海苔しか食べてこなかったのに朝からこんな難解な謎解きできるわけないじゃないですか。

しかも検索したあと急にスマホが見えない角度に…

ぐぬぬ。ミステリアスな感じのOLだったから余計に気になる。今夜は眠れないじゃないか。

ただこれ以上画面をのぞき込もうとすればそれはただの変態だ。迷惑行為だ。

ここは大人しく目を閉じて歯をくいしばって思考を切り替えよう。そう言い聞かせたが無理でした。

気づいた時には私は自分のスマホで「東京 東京」と打っていたところでした。

すると「Tokyo Tokyo FESTIVAL」というのが出てきました。なんでも東京オリンピックに乗じて、文化の発信もしていこうというもの。

いろいろイベントもやってるみたいですね。

OLさんがこのサイトを見てたかどうかはわかりませんが、「東京 東京」の検索にはちゃんと意味があったのです。

ちなみに「大阪 大阪」は調べてもそれらしいものは出てきませんでした。

ありがとうOLさん!あなたは魔物じゃなかったのね。勉強になりました!

満員電車ブルージーでは皆さんの電車内であった様々な体験談を募集しています。
イライラさせられる迷惑行為や面白い人、変わった人などのエピソードがあれば、お問い合わせフォームよりお待ちしております。
※いただいた内容は記事として取り上げさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました