民法より契約の効力が強い?私が派遣を契約期間中に退職した方法

お別れの時間だと書いた看板 仕事/転職

こんばんは、ブルです。

私は最近まで派遣会社で働いていたのですが、転職先の会社の入社日の関係で、派遣契約期間の途中で辞めなくてはならなくなりました。

こういったケースはよくあることでしょう。

  • 今の仕事が嫌で嫌でたまらなくなった
  • 転職が決まった
  • 親の介護
  • 子どもの面倒

事情は人それぞれかと思いますが、契約期間中に辞めるってなかなか言い出しにくいですよね。
派遣会社にも言いにくいですし、実際勤務している派遣先にも迷惑をかけることになります。

私の場合、辞めたい日の1ヶ月以上前に退職を申し出たにも関わらず、「それは契約上困る!」と派遣会社の担当者からけん制されてしまったのです。

今回は、私が退職した時の経験についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

派遣は月途中の退職ができる?何日前までに申し出が必要?

馬が逃げまわる

普通の会社だと1ヶ月以上前に退職を申し出れば問題ないケースがほとんどです。

私が退職したかったタイミングは翌月の半ばで、退職を申し出たのは当月の上旬でした。
つまり1ヶ月以上前に退職の意を表明しているわけです。

それなのに派遣会社はそれだと契約上困るというのです。
同じような経験をした方はいらっしゃいませんか?

派遣会社と派遣先の契約

私がお世話になっていた就業先(派遣先)は、1ヶ月単位で更新が行われている会社でした。
つまり私が退職を申し出た当月の上旬だと、既に翌月いっぱいの契約更新が決まっている状態だったのです。

そのため退職を申し出た1か月後に辞めるのではなく、契約上の翌月末まで勤務してもらわなければ困るという主張を繰り返していたのです。

民法上では二週間前の申し出が必要とあったので、私としてはごねられたらこの民法を武器にして持ち出そうと考えていました。

しかし、色々と調べてみると民法は労働基準法ほど強制力をもたないこと、民法よりも派遣の契約書の持つ効力のほうが強いみたいなことが書かれていたんですよね。

ここで私が思ったのは、それはあくまで派遣会社と派遣先の契約内容なのではないだろうか。
じゃあ派遣会社に属している個人の退職について就業規則はどうなっているのか気になった私は早速調べてみました。

派遣会社の就業規則をチェック

就業規則を調べた結果、退職については以下のように記載がありました。

  • 本人都合の退職の申し出が会社に承認されたとき、または申し出の日から起算して14日を経過したとき

これを見た瞬間「勝った!」と思いました。
規約の途中に「または」と書いているため、andではなくorです。

つまりこの規約だと、例え会社に退職が認められなくても、退職したい日の14日前までに申し出ていれば退職が可能と書いているのです。

ということは、当然月の途中で辞めることも可能でしょう。

そう、1ヶ月以上も前に退職を申し出ている私は、規約通りいけば退職する条件を十分に満たしているのです。
けっきょくのところ、派遣会社の担当社員からすれば派遣先との契約があるせいで、派遣先に事情を説明して調整したり、やめた人の後任を探したりとイレギュラーな対応をしなければならないのが嫌なだけなのです。

気持ちはわからなくはありませんが、言ってしまえばそれがあなたたちの仕事でしょう?と言わざるを得ません。

※あくまで私が所属していた派遣会社の規約内容となります。皆さんはご自身が在籍する派遣会社の規約の確認が必要です。

まとめ

「なんで退職の件、もっと早く言ってくれなかったんですか?」と言われましたが、この規約を見つけていたおかげで、「いえ、規約に14日前に言えば退職できるって書いてあったので大丈夫だと思っていました」と規約を盾に取り、難を乗り切ることができました。

ただ、円満退社を心がけたいということであれば、派遣会社や派遣先のことまで考えて2か月前くらいに伝えることもできるでしょう。

でもそこまで律義にやるのもいいですが、このご時世うまく立ち回らないと自分が損をします。
現職の退職日でもめたせいで、転職先の入社日とかみ合わず内定取り消しになったなんてことがあったら洒落になりませんからね。

規約通りに行動しているのであれば決して悪いことをしているわけではありません。
申し訳なさそうにする必要もなく、胸を張って堂々と意見を伝えてください。

賢く行動していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました